「ほっ」と。キャンペーン
2010年 08月 18日
ジャパン・ヴィンテージをカスタマイズ

ジョニー・ラモーンjrこと浦君からプレゼントしてもらったフェルナンデスVOXティアドロップモデルを改造してみました。

ピック・アップをP−90に/コンデンサーとポットの変更/ヘッドにテンション・バーの設置/ノイズ除去などです。


d0165262_210239.jpg
オリジナルです。


まずは、P−90をマウントするための下準備。
MDF15ミリ厚のボードに寸法(クリアランス取ります。)を記入して
穴あけの治具を作ります。
d0165262_217476.jpg



d0165262_219822.jpg
4隅をドリルで穴あけ



d0165262_21125711.jpg
トリマーで掘り込み加工中



d0165262_21151964.jpg
はまり具合をチェック。問題無さそうです。



d0165262_21184775.jpg
治具の位置をボディにマーキング



d0165262_21174014.jpg
治具をしっかり固定



d0165262_21263281.jpg
フロントのみ穴あけ完了


リアのザグリが完了後、
ノイズ除去と導電アップを目的にカーボン・ラッカー塗料をピック・アップのザグリ/コントロール部/ジャック・プレート内部に塗布。アルミ箔を貼るのと同様の効果があるらしいです。
d0165262_21461096.jpg
お手軽です。



d0165262_21473994.jpg
商品名Noise Hell しかし、このネーミング。(笑) 楽器店で購入可との事です。



d0165262_2153153.jpg
今回は、スプラグ社のバンブル・ビーに



d0165262_2155961.jpg
抵抗値をチェック。7.4kΩ



ここでヘッドにテンション・バーをセッティング。
ORANGE JUICEエドウィン・コリンズがRip it upのジャケットで構えているBURNSのヘッドで光ってるアレです。
前からカッコいいなと思っていたのでトライしてみました。


もちろん、売ってないので自作です。


d0165262_21582557.jpg
ホーム・センターで適当なパーツを購入してビス止めの穴あけ



d0165262_22243182.jpg
セッティング完了。実際、ナットに行くまでに角度が増すので効果はありそうです。



ストラップ・ピンの位置も変更
d0165262_22292359.jpg
これじゃあストラップ選べません。



d0165262_22314658.jpg
OK!



d0165262_22391736.jpg
完成です。


d0165262_22425745.jpg
顔つきが、変わりました。


試奏してみるとオリジナルとは全く違った太い音に!
やはり、ピック・アップとコンデンサーの変更はかなり効果があるようです。
今回もRYU MOTOYAMA氏には、コンデンサー/ポットの変更などいろいろと御協力頂きました。

告知です。来る9月11日(土) LIVE HOUSE CBにてサンハウスの坂田さんの"祝!還暦、博多鬼平祭"が、あります。
花井善平を中心に坂田さんにゆかりの方々が、最高のLIVEで盛り上げてくれると思います。
自分も久々にROCKERSのナンバーやJOHNNY THUNDERSを演らせていただきます。
詳細はこちら

次回は、最近作っているWall clockやアクセサリーなど木工作品なども紹介したいと思います。
                                          鶴川仁美
[PR]

# by tsurukawah | 2010-08-18 23:47
2010年 05月 28日
アリスの鏡
以前、予告していた鏡の制作風景の紹介です。

この作品は、今のように木工の知識も技術も無かった頃、思いついたデッサンを
他のデザイン画と共に、ひとりフランスのパリに出向き
知人の紹介を経たコンテンポラリー・ファ二チャーのショップ・オーナーに見て頂いた
思い出ある一点です。

そのオーナーとは、意気投合したのですが、
ペーパー・ワークではなくリアルな作品をとの返事を頂き、帰路に着きました。
そして、その一言が今の物作りへと導いてくれたように思います。


d0165262_18162923.jpg
w560 d40 h800
材/ハード・メープル






では、この作品が出来上がるまでの自分なりの物作りのプロセスを
ご紹介したいと思います。

まずは、実寸の外形の型枠を作ります。
最初から実寸でデザインを書く方法もありますが、僕はアイデア・デッサンを
拡大コピーして自分が適正と思えるサイズを決定しています。
それを板に貼付けテンプレートにします。
d0165262_20253156.jpg
テンプレート


鏡が入る部分を掘り込むのに使用する型 (治具)を作ります。 d0165262_1320670.jpg


鏡本体の木部分を用意します。
今回は、厚み4センチのハード・メープルを使用します。
出来上がりの幅560/縦800になるよう4枚の材を接着します。

ハード・メープルは、アメリカの有名ギター・ブランドfender社のネックや野球のバットにも使われる木材です。
松井秀喜さんは、大リーグ・ピッチャーの重い球質に対抗する為に同素材のバットに変更したと聞きます。

実際の加工の感触は硬く粘りがあり、手間の掛かるものですが、それは素材の密度が
高いことによるので、それだけ仕上りは素晴らしいと思います。
d0165262_1341512.jpg


木部本体に治具を固定して鏡が入る部分を掘り込みます。
d0165262_15235235.jpg

d0165262_15275170.jpg
掘り込み完了。内側も面取りします。


次は、外形の加工です。
カーブになった治具 (テンプレート)を固定して画像右下のトリマーで成形します。
d0165262_15344362.jpg
d0165262_15441865.jpg
右側の加工完了


d0165262_15483919.jpg

鏡の外形が出来上がり。

この後、本体のアウト・ラインを大きく面取りして磨き上げ、ミラー・フィニッシュ塗装。
事前に注文していた鏡を表側からクリア・コーキングで接着。
傷を付けないないように布でカヴァーした鏡の上に重りを載せ、数日置き、完成しました !

実際に制作してみてカーブの内側の磨き込みなどが特に手間が掛かりましたが、
出来上がった作品を手に取ると、ふっと頭に浮かんだギター・リフが曲に成ったのと同じに嬉しくて
いろんな事を忘れてしまいます。

尚、この記事制作は、ブログの引っ越し、その他PCの操作などを
パンク死土こと伊勢田勇人君が
懇切丁寧に手解きしてくれたことによるものです。感謝です。
                            鶴川仁美
[PR]

# by tsurukawah | 2010-05-28 17:14
2010年 05月 26日
引っ越しました
hatenaブログから引っ越しました。
コメントのいくつかが移動できずに申し訳ございません!

今後、こちらのブログに改めてコメント願います!

d0165262_1871271.jpg
[PR]

# by tsurukawah | 2010-05-26 18:08
2010年 05月 26日
ちっご・サンセット
ちょっと前のこと。大川@福岡に行ったときに、キレイな夕焼けに遭遇!

d0165262_17173690.jpg


d0165262_17293428.jpg


d0165262_1743126.jpg


これぞまさしく
ちっご(筑後)サンセット!
[PR]

# by tsurukawah | 2010-05-26 17:50
2010年 02月 23日
時々、竹林。
気分転換したい時に行く自宅近くの竹林の話です。

僕が住んでいる福岡県の那珂川町は福岡市から南の方角に位置し、市内から車で30分ぐらいにもかかわらずまだまだ自然が残る地域です。

まだ寒い今時分は空腹を抱えた野生の猿が、やって来てそれに呼応する近所の犬の吠え声で時折、騒がしくなるぐらいで普段はいたって静かなものです。

夏になると自宅の庭に面した山からの小さな川で数匹のホタルが毎年、夜空に舞い上がります。

父親の仕事の関係で引っ越しが多かった僕ですが、高校の時分よりこの地に住み、現在は自宅に隣接する工房で木工作品/ギター・ストラップなどを制作する日々を送っています。

自宅から100メートルぐらいのところに或るその竹林は普段、人が訪れる場所では無く手入れなど何も為されてはいないのですが、僕にとって、なんとなく気持ちが落ち着く場所です。


竹林へのアプローチです。

f:id:tsurukawah:20100124131354j:image:left


かぶさる竹が陽の光をさえぎり静けさに満ちた一つの部屋のようです。

f:id:tsurukawah:20100124131545j:image


f:id:tsurukawah:20100124131610j:image


次回は、まだ木工の知識も技術も無かった14年前、思いだけで書いていた頃のデザイン画のみの作品の一つを個展に向けて製作しました。
その制作風景などをご紹介したいと思っています。

鶴川仁美
[PR]

# by tsurukawah | 2010-02-23 11:31